昼キャバにはどんなお客さんがくるかというと、同業のお客さんか、同業ではないお客さんに分かれています。
その特徴がわかっているだけで、トークの内容に困ることなく楽しい時間が演出できるようになります。

同業のお客様も来店する

同業のお客さんが来たのであれば、仕事の話も織り交ぜつつ、一日の疲れを癒してもらうために努力をしましょう。
相手もリフレッシュを目的に訪れるため、負担の無い対応を心掛けるだけでも十分です。
同業ではないお客さんは、昼から飲みたいという自分へのご褒美的に利用する場合もあれば、何となく訪れたという人も少なくありません。
夜よりはお酒を飲むペースは遅いでしょうが、それでもまったりとした時間を過ごすだけでも相手は満足してくれます。


ゆったりとした時間を過ごしながらの接客

昼キャバはどんなお客さんがくるかを把握しているだけでも、自分の立ち振る舞いやトークの内容を考え、相手に寄り添った接客ができるようになります。
ワイワイ騒ぐというよりも、ゆったりとした時間を過ごしながら、そこからお客さんが満足する部分に触れるというのが正統派。
夜のイメージが強い業界かもしれませんが、昼キャバも多くのお客さんが訪れるほど、夜とは違った賑わいを見せて地域を盛り上げているといっても良いでしょう。