昼キャバと夜キャバの違いが分かっているだけでも、どちらで働こうかという判断にプラスとなります。

一日中自由に使えるのであれば、どちらのお店で働いてもメリットがあるでしょうが、せっかくならそれぞれのメリット・デメリットを知ったうえで決断するのがおすすめです。

昼キャバのメリット

昼キャバのメリットは学生や主婦でも働くことができる時間帯に仕事ができるという点ではないでしょうか。

しかも、お客さんは同業の人が多いので、キャストの扱いも十分わかっています。

無理にお酒を勧めることなく、ゆったりと寄り添っているだけでも仕事が成り立ちます。

ただし、夜キャバのようにドリンクバックを含め、プラスアルファの収入が多く見込めないのがデメリットです。



夜キャバのメリット

夜キャバのメリットは、稼ぎの上限無く、お客さんのオーダーによっては時給がどんどんアップする高収入が考えられます。

頑張り次第で風俗店で働くよりも高額の日給になることもあります。

デメリットは働く時間の制限です。夜に家を空けることができない人にとっては、こうした仕事は続けられません。

どちらのサービスもメリット・デメリットがあるので、違いを理解して自分なりの選択を行うことが、これからの生活を豊かにしてくれるでしょう。